タロット研究室  ウェイト版 
第一回    第二回    第三回
「The Pictorial Key to the Tarot」の著者、
神秘思想・心理・心霊研究家、元魔術結社ゴールデン・ドーン会員
アーサー・エドワード・ウェイト博士について


参考URL:Arther Edward Waite
http://www.adepti.com/adepti.orig/


1857年、米国で生まれ、アメリカ人の父親は彼が幼い頃死亡しました。英国人の母親の旧姓はエマ・ロベル、夫を亡くしてから、英国に戻りました。ローマカトリック教会に改宗し、息子と娘をカソリック教徒として育てました。さほど裕福ではなかったため、最初ウェイトは、ノースロンドンにある小さな私立学校で、そして13歳からセントチャールズカレッジで学びました。事務員になるため退学して空き時間に詩を書きました。妹の死がきっかけで、心霊研究に興味を持つようになり、21歳から大英博物館で読書にいそしみ、秘教の様々な教えを学んだのです。

30歳近くになって、エイダ・レイクマン(以降「ルカスタ」)と結婚し、娘が生まれました。「ルカスタ」が亡くなった後しばらくして1924年にメアリー・ブロードベント・ショフィールド(ウナ・サラス)と再婚しました。ロンドンあるいは近郊で生涯のほとんどを過ごし、様々な出版社とつながりを持ちました。『知られざる世界(The Unknown World)』という小雑誌の編集をしましたが、独自の著作とそれに伴う研究に没頭していったのです。

大英博物館でマックグレガー・メイザーズに出会ったのですが、(彼にここで会わなかった人がいただろうか? という一文が参考URLに存在しますが、ここを追究してゆくと興味深そうです。ウェイト博士は、彼のことを嫌っていました。
しかし、マックグレガーがモイナと結婚してまもなく、ホーニマン博物館の近くのメイザースの家で、彼と「ルカスタ」はイシス・ウラニアに入会しました。「ルカスタ」は関心を持たず、ウェイトもセカンド・オーダーまで進みませんでした。自分の失敗に幻滅していたのではないかと、周囲の人間は述べています。彼らにより脱会するように強く勧められましたが、1、2年後に友人のロバート・パーマー・トーマスによって戻るように説得されたと、自伝の『命と思考の影』(1938)に書いています。

ウェイトは常に「神秘への道(The Path of the Mystic)」に傾倒しており、オカルト信者の信念とは異なると考えたため、メイザースとそりが合わず、元の「黄金の夜明け」団の雰囲気に溶け込めませんでした。分裂後、イシスー・ウラニアはべリッジ博士の率いる(元の教えに)忠実なイシス・テンプル派と、ステラ・マチューティナ率いる反体制派に分かれ、そこからウェイトが率いる漠然とした「黄金の夜明け」団が生まれました。

この時期にウェイトは慎重な行動をとって、メイソンになりました。以前、グランドロッジの有力者が彼の研究に不快感を示したことがあったからでしょう。

つまり、フリー・メイソンに入会したということでしょうが、この件はどこでもあまり取り上げられませんね。
「神秘への道」とはつまりカバラにおける求道。ウェイト博士はクリスチャンでありましたが、敬虔なクリスチャンではなかった模様。


黄金の夜明け団に及ぼしたウェイトの最も永く続いている影響は、彼の指導のもとで製造されたタロットでしょう。これは芸術家肌の敬虔な信者のパメラ・コールマン・スミスがウォルター・クレーンのスタイルを用いて制作したもので、デザインは「黄金の夜明け」団の解釈に基づいたものなので、クレーンのスタイルに完全に忠実なデザインではありませんが、今ではアール・ヌーヴォーの時代がかった雰囲気がある、という評価を受けているようです。

しかしながら、彼が綴った詩につていは、「安っぽい」という野暮な形容詞が頭に浮かぶ、などと、いささかお粗末な評価をされております。「Dead Weight (自力で動けない者の意)」という死亡記事に、それが現れているとのことです。つまり、重量のウェイト(WeightとWaite)が引っ掛けてある)という冷やかしです。

A.E.ウェイトの話し方

ユーモアたっぷりの「キング・スウォード」(訳注:ペンネーム?)がアルト・マジック・ニュースグループに載せた、「アーサー・エドワード・ウェイトを理解するために」という一節があります。
普通の英語:「少年が歩いて店に行き、食パンを買いました。」
ウェイト:「ある時、とある場所で、少なくともこの話については信頼を置いてもいいと考えられる情報筋によると、たぶん成年になっていない一人の男性 (このように説明すれば、十分でしょう)、ぶらぶらと、食料を調達できると思われる商業的施設へと赴き、そこに着いて、金額は明らかにされていないが、通常の焼いた食品、一塊という言葉から察するに確認はできていないけれども、食パンを、さらにすべての実地的見地から、その用事のありきたりの性質と、他には交通手段として補助的運搬手段の説明がなかったことから、若年者に見合った限られた財政的配分から一斤購入したと思われますが、これ以上のことについては、数少ない事実に基づいて特定の結論を出すのは軽率といえるでしょう。」

うーん、、ここまで書くとすれば、、これはひとつの才能かと!

2006/01更新



ウェイト博士、神智学、人智学との関わり

1910年頃、ウェイトは短期間「聖黄金の夜明け」団の会員だった女性秘書兼家政婦とペニーウェーン ロードのアールズコートに住みます。その秘書兼家政婦のモットーは、いみじくもVigilate(訳注:Be watchful、 ラテン語で「用心深くあれ」の意)だった、という話を聞きました。(実際はランド夫人という名前ですがイシス ・ウラニアの会員だったためオーダー名で確認できます)。

彼女は何から何まで、彼の世話をしました。この情報提供者の両親はケンシングトンに住み、熱心な会員でし たが、ウェイトたちはその両親と一緒に、大体3週間ごとに昼食を食べに来たそうです。ウェイトはぼんやりした 様子で、「Vigilate、私はからしが好きかな?」と聞き、彼女が答を教えなければならなかったそうです。(多分 最初の妻がまだ生きていたため、彼らの関係は家庭内不和を埋めるようなものだったと思われます。)

ウェイトの団体はH.コリソンのスタジオ(クレアヴィルグローブ27)で集合したのですが、奇妙なことに、 ここは後年クエストソサエティ(そしてモイナのA.O.ロッジ)が集会した場所です。ルドルフ・スタイナーが 1912年にロンドンに来た時、情報提供者の両親、コリソン、ほか約5人が、人智学が「黄金の夜明け」に取って 代わると信じ、ウェイトの元を離れました。しかしこのうちの何人かは後でフェルキンのメルリンロッジへ戻っ てきました。

ゴールデン・ドーン/黄金の夜明け団に及ぼしたウェイトの影響は、彼の自伝『命と思考の影(Shadows of Life and Thought)』(1938)にも表されているが、事実的な信頼性はありません。著書の年代としては、 『The Mysteries of Magic』 (1885)、から『The Life of Louis-Claude de Saint-Martin』(1939)までの幅が あります。

超越論的なものに関する膨大な数の本を次々と生み出し、他の作者が似たテーマについて書いた本の編集にも 携わり、彼自身の詩にもこだわりました。私の考えでは、彼の詩は全く価値のないもので、「安っぽい」という 野暮な形容詞が頭に浮かびます。

「Dead Weight」(訳注:自力で動けない者の意。ウェイト(WeightとWaite)が引っ掛けてある)という 冷やかしの死亡記事にも見られるように、『The Equinox』のほとんどの号で、クローリーは容赦なくウェイト の退屈でゆがんだ散文詩をもじっています。ウェイトのスタイルがあまりにくどく、論点にとらえどころがな いので、私としてはとにかく読み辛く、公平に彼の学識を評価できません。(本の題名にはいつも興味をそそ られますが、それだけがいい点なのです。) しかし彼ののんびりした長たらしさも、スピードを追い求める 時代には救いになるかもしれませんし、学者ぶったずるさでさえ魅力になる時がきているのかもしれません。

「Pictorial Key to the Tarot」他、回りくどく難解な博士の文体への痛烈な皮肉。
 どこでもウェイト博士の文書は読み辛いと言われます。当たり前と言えば、当たり前の ことかと思われますが。多くの文書についてのテーマが、シンボルや象徴についてなのです。札一枚取り上げて 、ホワイトボードにこれが象徴することは、と文字で書き記すこと自体が、そもそも本末転倒的な行為であって、 絵柄と図形と数と色彩とによる表象を司る博士であるのがウェイト博士であるわけですから。

2006/02/28更新

第一回 第二回 第三回 第四回
第五回 第六回

※ご感想・ご意見お寄せ下さい。メールにはお名前を書いてくださいね。

☆アーサー・エドワード博士、ウェイト・タロットよ永遠に☆


会員専用ページにウェイト版原書の和訳連載中
ウェイト版原書
「THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT」
By Arthur Edward Waite
Illustrations By Pamela Colman Smith.
[1911]
和訳バージョン掲載中

参考URL
http://www.sacred-texts.com/tarot/pkt/

☆日本タロット結社の詳細はこちら☆
to be conthinued..

Home